力こそパワー! パワヒこそパワーヒッター!

 どうも、パワヒです!





 えー今回はね(賢者モード)
 査定について語る奴を、まぁ性懲りもなくやっていこうかなと。

 前回とかは「この能力をこういう時に付けるんだー」みたいな話をしてなかったので。今回はそれを話します。

 それではー早速、話していきましょう。







 チャンス

 打率と得点圏打率の差が.020、.040、.070でそれぞれCBAを分けています。
 opsも考慮はしますが、Bまではほぼ打率重視で行きます。A/Gにする場合のみ、殊勲打・傑出度・ops・clutchを考慮して決めます。
 


 

 対左

 チャンスと同じようなやり方で決めますが、こちらはチャンスに比べて若干『通算要素』を入れたりします。
 AやGにすることも、チャンスに比べれば多い気がします。わりと緩めな特能という感じですね。



 盗塁

 あまり効果がないっぽい。
 いえ、効果があるのは間違いないのですが、盗塁成功率は走力依存の傾向が強く、荻野選手より近本選手の方が成功率が高くなるようです。
 なので、あまりにも盗塁成功率が高い選手にはしれっと電光石火を付けたり、走力をちょい上げしても許されるのでは……? と思ってます。


 走塁


 UBRとか、「この選手は走塁が上手い」という選手は上げたり上げなかったり。割と適当です。
 ただ「走塁が上手い」という選手が実はそこまで上手いわけではなかった。みたいな事があったりするので、そういう意味では慎重に付けた方がいいのかもしれない。私は適当だけど。


 送球

 結構重要です。
 二遊間とかはDにするだけでべらぼうにエラーします。私は常日頃から「柴田は魔送球だ」などとのたうち回っていますが、それでも柴田を作成する際は送球Cにしました。個人的な決め事ですが、二遊間はまずC、どんなに悪くてもEに留める。というやり方をしています。
 それ以外のポジションは…割と適当だったり。


 キャッチャー

 私はキャッチャーランクが嫌いなので、基本的にはDから動かしません。
 ただまぁ、今の査定もCランクが何人かいるペナントで決めている事なので、正捕手はCランクとかにしてバランス取りはしています。B? 付けない☆





 ケガしにくさ


 特にこれという決め事はありません。
 フル出場した選手でも忘れてDにしたりしてるので、普段から忘れないようにしよう。と心がけているくらいですかね。




 
 アベヒ

 打率.350を超えたり、べらぼうにバットコントロールが上手いという選手につけたりしてます。
 ただ前記事の記述通りペナントでの効果が高いため、私はあまり付けません。今までに付けたことあたかな……? というレベル。




 パワヒ

 アベヒと違い、これはないと本塁打数が再現できない……という事が幾らでもあるため、わりと積極的に付けます。特に弾道3で40本打ってるような選手はパワヒないと再現不可能です(と個人的には思っている)



 プルヒ


 とくには。結局打率には影響しない特能なので、引っ張りの傾向が強い選手の本塁打数調整用くらいですかね。足りそうなら付けない。足りなさそうなら付けるみたいな。個人的には陰の薄い特能(ひどい)



 流し打ち


 流し打ちの打率が高い選手に。流し方向に3割いってないような選手でも、その方向への安打数が多ければ付けたりします。
 逆に打率が高くても安打数が少ない選手には付けなかったり。ちなみにペナントで金特化がしやすい特能である点に気をつけましょう。



 固め打ち

 猛打賞が多かったり、気分の浮き沈みが大きそうな選手に。
 調子極端と併用する事もあったりなかったり。
 最多安打を獲得した選手には無条件で付けてしまう……かも。



 粘り打ち

 三振が少ないか、ファール数が多いか、追い込まれてからの打率が高いかの三択。サンタクロースってわけだ。はははっ。
 


 バント〇/バント職人

 特には。付けると犠打数が増える可能性があるっぽいので、おいそれと付けない事。
 あと公式柴田や大島みたいにバントがそこまで上手じゃない選手に付いてたりすることもあるので、ご利用は計画的に。



 内野安打〇

 内野安打が多い選手に付ける。それだけよ。
 付けると幸せな気分になるよね。




 初球〇

 初球/ノーボール時打率が高い選手に付けますが、「初球打率が高ぇのなんて当たり前だろ! てやんでぃ!」みたいな事もあるので、おいそれとは付けないようにしましょう。
 あ、あと、微衰退期以降は消える可能性が高い特能なので、その点も注意が必要かと。



 

 チャンスメーカー

 あんまり意識して付けてないから分からない。とりあえずランナー無し時の打率は気にしますが、高くても付けるかどうかは分からない。正直結構な割合が勘。というか適当。
 得点圏打率高くてランナー無し時の打率も高い選手とかは面白いのでチャンスBとチャンスメーカーを付けたりする。そんな私はトラブルメーカー。なんちって。



 満塁男

 満塁打率。




 サヨナラ男

 その年に一軍でサヨナラを打ってれば付けて良いんじゃないんですかね。あとはサヨナラのイメージがある選手とか。
 最近の選手は検索するだけでサヨナラを打ったかどうか分かるので、きちんと確認しましょう。でないと公式宮崎や倉本みたいにサヨナラ打ちまくった選手に付かない事態になっちゃうからね。



 逆境〇

 ビハインド時に打率が高いとか、本塁打が多いとかそこらへんですね。
 たまにやるのが、「チームが低迷する中一人奮起した選手に付ける」というパターンですね。成績調整用にも使いやすい特能なので、これからも仲良くやっていきたい。


 
 代打〇

 代打打率が高いだけではなく、印象的な代打安打を打ったら付けるとかですね。



 〇〇ヒッター

 コース別打率を見たりしますが、そこまで気にせず安易に「この選手は〇〇に強いから!」でもいい気はしますね。ただ効果が打率+.010 3本と高いので、取り扱いには注意です。




 対変化球〇

 地味につけたことないかも。対変化球〇というより、対直球×みたいな使い方が近いのかも。
 〇〇ヒッター同様に効果が高い点に注意。


 ダメ押し

 パワーしか上がらないし4点差以上じゃないと発動しないし、使いどころがあんまり分からない。








 えー疲れたのでここで終了です(唐突)。


 聞かれたら答えるので、じゃんじゃん聞いてくれたらいいかなって。だって疲れるんだもん。もんもん。




 ちょっと今日はほんとに語彙力皆無なので、ここで失礼します。
 ばいばいき~ん。