あなたは覚えているでしょうか。以前私が、「死ぬ、死んじゃうー!」と苦しみ抜いて作り出した選手がいたことを。

 あなたは覚えているでしょうか。その記事のコメント欄に、とある文章が刻まれていたことを。




 私は……




















 私は昨日までガッツリ忘れてた!!!!



 






 ――――






 ということで今回はペナント記事です。張り切っていきましょう。

 何をするかというとですね、以前1年目の桑田真澄を作ったじゃないですか。で、 そこのコメント欄にこう書かれていたんですよ。


554A444E-83CB-48F6-8C88-A99D37583875






 てなわけで、今回は桑田真澄を、球界有数の選手に育て上げたいと思います。








 ルールはこちら!


 ・とりあえず桑田真澄を育てる。それ以外は割とどうでもいい。
 ・特に巨人の順位とかには注目しないが、一応そこそこの戦力にはしておく。
 ・練習設定は基本的に桑田以外弄らないものの、気に入った選手とかは個別に育てる。
 ・練習レべルは3にしておくが、パワポイントで入手できる「練習強化」は使わないものとする。
 ・特性アイテムは使うよ。他の球団も使ってるからね。




 

 こんな感じです。では行きましょー!






 1年目、桑田真澄18歳。



実況パワフルプロ野球2018_20200630210541



 

 能力はこんな感じ。一球種で赤特まみれと、なんとも頼りない。


 この桑田選手をどう変えていくか。原監督は、まず赤特を消す事を決意。



 実況パワフルプロ野球2018_20200630211138




 巨人、松尾コーチ(意味深)に一発の削除を頼み込み、最初のシーズンがスタートした。






 ……で、シーズンが終わった。







 一年目の桑田は時々ローテに入るものの、殆ど活躍する事が出来なかった。

 しかも一発が1年目に消えなかった。マジか、予想外だぞ。




実況パワフルプロ野球2018_20200630211252







 そんなかんなで1年目のオフシーズン、適当にドラフトで選手とればいいや。とか思ってたら……坂本がFAした。

 それはちょいまずい。と原監督は坂本を引き留めることに。


 しかし、球界の盟主と呼ばれる巨人は、このコロナ禍によって資金が枯渇。
 まさかの交渉できない事態に陥ってしまう。



実況パワフルプロ野球2018_20200630212143




 

 これによって坂本は横浜へのFAが決定。これだけでも全国の巨人ファンと横浜ファンが大混乱に陥りそうだが、錯乱した原監督は更に事態をややこしくする。










 なんと人的補償で倉本を獲得したのだ。


実況パワフルプロ野球2018_20200630212226



 この事態に野球ファンは開いた口が塞がらなくなり、パワヒは病院で静かに息を引き取った。






 2年目、桑田真澄19歳。



 さすがに1球種ではまずいという判断から、桑田に新しい変化球を覚えさせることに。
 とりあえずスライダーを伝授させてみたら、あっさりと習得。才能の高さを見せつけた。



実況パワフルプロ野球2018_20200630212437







 また一発も克服し、桑田の弱点が一気に減った形に。
 これからはピンチに強くなる修行を積むとの事。


 そんなかんなで2年目のシーズンがスタート。ちなみに遊撃手は倉本に決まった。






実況パワフルプロ野球2018_20200630213742






 最終成績。桑田は2年目も活躍することが出来ず、現実の再現とはならず。



 ちなみに倉本は案の定巨人軍の足を引っ張った……と思いきや、意外と活躍したので巨人ファンから持て囃された。



実況パワフルプロ野球2018_20200630213802




 


 そして2年目のオフシーズン、丸がまさかのメジャー挑戦。


実況パワフルプロ野球2018_20200630214242






 これに頭を抱えた原監督は、横浜から筒香を強奪した。










実況パワフルプロ野球2018_20200630214305





 巨人の横浜高校化が止まらないぜ。








 3年目。桑田真澄20歳。


 
 桑田はキャンプでシュートの習得に励んだが、残念ながら実戦レベルには引き上げられなかった。

 仕方ないので今年もピンチに強くなる修行を積んだ。


 
 そんなかんなで3年目のシーズンが始まり、そして終わった。







実況パワフルプロ野球2018_20200630220630





 桑田はピンチに強くなったものの、相変わらず成績は散々なものに。


 ちなみに倉本は去年より良い成績を残した。





実況パワフルプロ野球2018_20200630220658







 そして3年目のオフシーズン、横浜に行っていた坂本が海外へ。


実況パワフルプロ野球2018_20200630221348




 横浜ファンは憤死した。






 4年目。桑田真澄21歳。




 この年は前年とは異なり、フォークの習得に挑戦。



実況パワフルプロ野球2018_20200630221613







 そして習得に成功。やったぜ!


実況パワフルプロ野球2018_20200630221709





 そしてこの年だが、とりあえず軽い球を無くしてしまう事が決定した。



実況パワフルプロ野球2018_20200630221728








 そして4年目のシーズンが始まり、終わっていった。




実況パワフルプロ野球2018_20200630222808





 軽い球を克服した桑田は、ある程度成績は良化したものの……相変わらず防御率は悪かった。





 ちなみに倉本だが、首位打者と最高出塁率と最多安打を獲得した。











実況パワフルプロ野球2018_20200630222730




 まるでチートアイテムを使ったかのような強化のされ方だが、この通り潔白である。


実況パワフルプロ野球2018_20200630222739





 まぁ私にもよく分からないけど、とりあえず巨人のショートが埋まって良かった。





 
 5年目、桑田真澄22歳。



 通年的に左に弱いため、桑田はそこを改善することに

 コーチからマンツーマンで対左に強くなる方法を学んだ。




 そんなかんなで5年目のシーズンが始まり、そして終わった。



実況パワフルプロ野球2018_20200630225508





 この年は一年中ローテを守り続けたものの、それでも成績は悪め。

 しかしルーキーイヤーの時と比べると成績は大きく良化しており、来年以降に期待がかかるようになっていた。


 ちなみに倉本は首位打者と最多安打を獲得していた。







 5年目のオフシーズン、坂本が帰国。


実況パワフルプロ野球2018_20200630232154




 しかし巨人には既に正遊撃手がいたため、巨人は獲得を見送った。






  
 6年目。桑田真澄23歳。この年は画像が全然ない。



 桑田は相変わらず対左への訓練に励み、その合間に登板を繰り返す日々。

 しかしそろそろ活躍しないとまずいと思い始めたか、桑田は試合を作れるようになっていた。


実況パワフルプロ野球2018_20200630233453




 
 キャリアで初めて防御率が3点台に乗り、これには原監督もニンマリ。


 ちなみに倉本はこの年調子が悪く、最多安打しかとれなかった。






 7年目、桑田真澄24歳。



 対左に十分強くなった桑田は、ノビの向上を目指し始める
 これから高い成績を残すには、球質を上げる必要があったのだ。



実況パワフルプロ野球2018_20200630234929





 そしてシーズンが始まり、終わっていった。





実況パワフルプロ野球2018_20200630235928




 ノビを鍛えたこともあり、成績が飛躍的に上昇。

 防御率はリーグ3位の成績を残し、2年連続の二桁勝利も記録した。



 ちなみに長らく画像がなかった倉本だが、いつの間にかこんなことになっていた。




実況パワフルプロ野球2018_20200630235938




 しかしベストナインを取る事が出来なかった為、倉本は激怒。
「守れればいいんでしょ守れば」
 と問題発言を残していった。




 そして7年目のオフシーズン、事件が起きる。

 倉本がまさかのFA宣言を行ったのだ。

実況パワフルプロ野球2018_20200701000253



 これには原監督も仰天。というか倉本がいないと普通に詰む。



 そこで巨人はなんとしても倉本を引き留める構えに。大量の資金を用いる事でなんとか引き留めることに成功したのだった。 

 
実況パワフルプロ野球2018_20200701000309







 8年目、桑田真澄25歳。




 特能的に隙がなくなった桑田は、変化球を鍛える事を決意。

 変化量の小さいスライダーとフォークを上げる事にした。








 そんなかんなで8年目のシーズンが始まり、そして終わっていった。






実況パワフルプロ野球2018_20200701001655



 桑田はまさかのスランプ。二桁勝利こそ達成したものの、防御率はエライことに。







 不調だったのは桑田だけではなく、倉本も不振に。




実況パワフルプロ野球2018_20200701001716




 巨人の主力が振るわないシーズンとなった。







 9年目。桑田真澄26歳。



 この年も去年同様、変化球を練習。
 その後はノビの練習に励む事となった。



 

 そんなかんなで9年目のシーズンが始まり、そして終わっていった。




 今年の桑田は、心構えが違った。
 去年の不振が嘘のような安定感を見せ、勝利とアウトを積み重ねていく。



 最終的に最優秀防御率を獲得。飛躍のシーズンとなった。




実況パワフルプロ野球2018_20200701003534






 実況パワフルプロ野球2018_20200701003557




 割と疲れたので今日はここでおしまい。
 これより先は後編に続くぜ!